ミノキシジルとうつ病の副作用もあるのか

ミノキシジルとうつ病の副作用もあるのか

AGAの治療薬のプロペシアと併用して処方されることが多い医薬品にミノキシジルが在ります。

 

 

この医薬品は、日本皮膚科学会が策定を行っている男性型脱毛症ガイドラインの中では強く行う事を勧めると言う評価を持つ医薬品である事、プロペシアは女性には効果が無く、女性の中妊娠をしている人や妊娠の可能性がある人が服用すると胎児への男性機能低下と言った恐ろしい副作用を招く恐れがあり、推奨レベルは行わないように強く勧めると言った評価になっています。

 

ミノキシジルは育毛効果を持つ医薬品で、男性型脱毛症以外の薄毛、女性の薄毛にも効果を持つ事からも、薄毛に悩む男性だけではなく女性にも効果をもたらせてくれると言ったメリットが在ります。

 

育毛と言うのは生えて来た髪の毛を太く長く伸ばすと言う役割を持つ治療法であり、この医薬品は血管を広げる作用を持つ血管拡張剤が成分になっており、頭皮に直接塗布する事で、血管を広げる作用から血流が高くなり、髪の毛への栄養を運びやすい環境にしてくれると言うメリットが在ります。

 

尚、血管拡張剤と言う医薬品は高血圧の人が服用する事で血圧を下げる作用が在るもので、血圧が低い人がミノキシジルを使用した場合、低血圧症のリスクも在りますし、血圧が低下する事で動悸やめまいと言った症状が生じる事も在るため、医師に相談をした上で使用することが推奨されています。

 

また、血圧の低下により自律神経が乱れ、うつ病と言った副作用が生じる事も在ります。
そのため、普段から血圧が低めと言う人の場合、うつ病などのリスクも在るので医師に相談を行う事が必要になるのです。

 

因みに、この医薬品は塗布するタイプ以外に、タブレットになっている飲み薬も在ります。
これはインターネットの通販店の中でも、個人輸入代行を行っている通販薬局などで購入する事が出来るようになっているのですが、タブレットになっている飲み薬は身体全体に作用する事からも副作用が生じやすくなります。

 

うつ病以外にも、多毛症と呼ばれている副作用が生じやすいと言われており、髪の毛以外のムダ毛が濃くなると言うのが多毛症であり、男性の場合で在れば髭が濃くなる、女性であれば腕や脚などの体毛が濃くなると言った具合に、ムダ毛が濃くなると言う副作用が生じる事も在ります。

 

うつ病の場合は治療が必要な症状となる事からも、通販店などを利用して服用する時は病院での相談をすることが大切だと言われています。

page top